>撮影前の心構え

    クーポン




  商品撮影.

  建築写真.

  学校アルバム.







撮影前の心構え
「履歴書の写真は顔が判ればいい」と思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、「大量の履歴書の中では、まず印象の良い顔が目に入る。」という声もあります。

面接前に自分をアピールする事ができる履歴書はほとんど文字情報です。
その中で証明写真のみが視覚に訴えることができます。

証明写真は、履歴書に書いた項目では表せない「その人物の印象」を表します。
証明写真は単に本人の確認用というわけではありません。
採用担当者にとっては目に見える数少ない判断材料なのです。

明らかにスピード写真で撮ったと分かる写真ではあなたの「誠意」も疑われるかもしれません。
能力もあって努力もしているのに、書類選考で落とされてしまうのはやっぱりもったいないですよね。
履歴書には質の高い写真を貼り、企業へ「誠意」を伝えましょう。

その最初の印象が決まる写真です。良い表情で写った方がいいはずです。
「えっ?すぐ出来ないの?」とおっしゃられる方もいらしゃいますが、あせりや疲れは表情に出ます。
心と時間、両方にゆとりがなければ、良い表情を作ることは出来ません。
しかし、良い表情というのはお客様ご自身に作って頂かなくてはなりません。
時間に余裕を持ってご来店いただくと顔にも心にも余裕が生まれるでしょう。。
表情は...
顔はきちんと正面を向いて、アゴを引きます。
ニラんだように見えない程度の真顔。または微笑む感じ。どちらでもよいでしょう。
  歯は見せません。
いざ撮影となると緊張して表情も硬くなりがちです。
  自分で感じが良いと感じる表情を鏡の前で練習してみましょう。
「面接を受ける企業の人がカメラの向こう側にいる」という気持ちでカメラに向かいましょう。
撮影の時は気持ちに余裕を持つと表情も柔らかくなります。
  心の余裕が明るい表情を生み出します。
前の日には早めに床につきましょう。
気になるポイントがあれば、撮影前にお聞かせ下さい。
服装は...
服装はスーツに白のシャツが基本。清潔感のある身だしなみで。
濃紺などの濃いめのものが良いでしょう。明るい色は顔色が暗く見えてしまいます。